オウム真理教の元幹部である平田信容疑者をかくまった容疑で逮捕された元信徒の斉藤明美容疑者。
足取りが途絶えた仙台での潜伏以降の逃走ルートならびに潜伏生活が徐々に明らかになりつつある。

人が多い都会に行こう、そう平田容疑者は斉藤容疑者を誘った。地価格そして人ごみに紛れて潜伏するために大阪へと逃走することになった。
その目論みは「鹿を追う者は山を見ず」という言葉の通り、成功したといっていい。

大阪潜伏後、斉藤容疑者は逮捕直前まで働いていた整骨院に応募し、その意気込みを買われて採用された。
接骨院の求人広告には、住み込みで勤務できるとした内容を掲載していた。

昼食時には、近所の弁当屋で2つ買っても1000円に満たないノリ弁当を、おそらくは平田容疑者のためにと2つ購入していた。
領収書を切ることも忘れていなかったという。その辺りは、マンション売りたい何ともしっかりしている。

接骨院が採用時に提出させたのは履歴書だけで、斉藤容疑者が潜伏先で使用していた「吉川祥子」という偽名には一切気付くことがなかった。
また、接骨院が申請した健康保険証もすんなりと通り、このことも潜伏生活を滞りなく進める上で活用されたことだろう。

一方で、専門的な資格を取るよう勧めても、資格によっては身分証の提示が必要な可能性もあることから拒んでいたとのこと。
接骨院側の採用時の対応もさることながら、保険証という公的な身分証が偽名で通ったということは大問題だ。
今回明らかになったことによって、犯罪に悪用されかねないことが明らかになった。申請時の審査を含め、役所も怠慢であることを露呈してしまった。

この逃走劇によって17年もの間逃走を許してきた警察の不手際が明らかになるばかり。
これでは税金泥棒と国民に揶揄されても反論はできず、土地売却価格お粗末としか言いようがない。
オウム真理教関連で残る指名手配犯はあと2人。こちらも早期に逮捕されることを願う。

最近私はホワイトニングをしようかと悩んでいます。
ホワイトニングとは、黄ばんでしまった歯を白く漂白する事です。

ホワイトニングの方法は二種類あります。
一つは歯を削った後に白い義歯などを装着する事です。
そしてもう一つは薄いシートなどを貼る事で白く見せる方法があります。

今ではこれ等の方法以外にも、過酸化水素の薬剤を利用する事で漂白する方法などもよく使われています。

歯を白く見せる事は、好印象を与えると昔から言われています。
その為芸能人の方のほとんどは、ホワイトニングを行います。
ニコッと笑った時に白い歯が見えると、確かに健康で健全な印象を持つ事が出来ます。

逆に黄ばんだり色がくすんでいると…。
汚いというイメージや健康では無いという印象になります。
今では芸能人の方だけでは無く、一般の方も積極的にホワイトニングを行っています。

歯医者でホワイトニングを行う事をオフィスホワイトニングと呼びます。
以前までは歯医者さんでオフィスホワイトニングをして貰う事で白い歯にする事が出来ていました。
しかし現在では家庭でも簡単にホワイトニングをする事が可能になりました。
高いお金を掛けなくても、歯を白くする事が出来るのです。

歯の黄ばみの原因と言われている物は様々な物があります。
例えば普段食べている食事でも黄ばんでしまう事があります。
そして加齢や遺伝でも歯は黄ばんでしまうのです。

生まれた時から年を取るまで白い歯を保つと言うのは…。
案外難しい事なのだと思います(–;)

更にコーヒーやタバコも黄ばみの原因になります。
私はタバコもコーヒーも摂取している為、黄ばみが酷い方だと思います。
最初は薄い目立たない黄ばみでしたが…。
いつの間にかすっかりと目立つ黄ばみになってしまいました。

大きな口を開けて笑う事も出来ない為、ホワイトニングをしようかと考えています。

オフィスホワイトニングは治療を受けたその日から白い歯を作る事が出来ますが…。
時間が経てばまた元の色に戻ってしまいます。
更に料金も5万円程掛かる為、ホームホワイトニングを考えています。

ホームホワイトニングは時間を掛けて白くする分、色が元に戻るのも遅くなります。
どの道歯医者さんにマウスピースを作りに行かなければならないので…。
近い内虫歯治療と一緒にお願いしようと思います(^^)

アメーバニュースに「『学生生活最後の夏休み』にやっておくべきこと」というものがありました。
夏休みじゃなくとも、学生のうちにやっておけと思うことは沢山あります。
もう、私にとっては遠い昔の話ですが(*≧m≦*)

記事にもありましたが、絶対にやっておいた方がいいと思うのは旅行ですね。
それも、出来るだけ長期間の旅行です。
日本に生まれてしまった以上、社会人になってからの長期休暇は皆無です。
国内の1泊旅行くらいは簡単にできるから、長距離移動をしなければならない海外旅行に行っておくべきです。
旅行よりも本格的な旅の方がいいですかね?
現地の人と触れ合うのです。
考えの違い方に触れるのは、社会に出た時に必ず役に立ちます。

これも記事にありましたが、今のうちに学んでおきなさいというものです。
人はいつでも学ぶことが可能ですが、若いからこそ学べることはあります。
社会人になってから学ぶものは、仕事に関するものばかりです。
趣味に関する勉強もありますが、やはり大学や専門学校で学べるものとは一線を隔しています。
あの時、もう少し真剣に講義を聞いておけば良かったと思っても後の祭りです。

個人的にお勧めしたいのは、読書ですね。
私自身のライフワークとして、今でも読書は続けています。
単に活字中毒ということも言えますが、本を選ぶにも規制が掛かります。
学生時代は時間があるから、あまり内容がないような本を読む時間も取れるのです。
でも、社会人になると本を読む時間が限られてしまいます。
そうすると、優先順位で本を選んでしまい、くだらない本を読む時間がなくなってしまいます。
ぜひ、色んなジャンルの本を読んでおくことをお勧めします。

あとは夜遊びです。
朝まで飲んで夕方まで寝るというのは、社会人になるとほぼ皆無です。
夜遊びは出来ても、眠らないまま仕事に行くのが当然ですから。
夜通し遊んで、人が働いている時に眠るというダメ人間丸出しの行動は、学生時代にしか出来ないものだと思っています。

記事には恋愛をしておいた方がいいと書かれていましたね。
社会人でも恋愛は出来ますが、毎日一緒にいることは不可能です。
同棲しても結婚しても、1日中一緒にはいられません。
仕事があるということの他に、それだけの精神力がなくなります(笑)。
1人になりたい時間が欲しくなるので、恋愛の時間も削られます。

こんな風に書かれてしまうと、社会人になりたくないと思ってしまいますかね?
でも、社会人になったからこそ得られるものも沢山あります。
その為に、学生時代にしか出来ないことをしておきましょう。